• アロマテラピーとは
  • アロマテラピーの楽しみ方
  • エッセンシャルオイルとは
  • エッセンシャルオイルの分類
  • エッセンシャルオイルのブレンドレシピ
  • エッセンシャルオイルリスト

アロマテラピーの楽しみ方

How to enjoy aromatherapy

アロマテラピーを毎日の暮らしに役立てて、ストレスに負けない
快適なライフスタイルをはじめましょう。
代表的なアロマテラピーの楽しみ方をご紹介します。
レシピについてはエッセンシャルオイルのブレンドレシピをご覧ください。

芳香浴

ブレンドレシピ

香りを鼻から吸収して、神経に働きかける方法が芳香浴です。ティッシュやコットン、ポプリやドライフラワーに数滴落としたり、芳香器を使用するなどTPOに合わせて効果的な方法を選びましょう。

  • ティッシュやコットンを使用して

    場所を選ばず、最も手軽な方法。エッセンシャルオイル
    を直接1~2滴落とすだけ。仕事や勉強の合間の
    気分転換やおやすみ前の枕元に。

  • ポプリやドライフラワーの香りづけに

    ポプリやドライフラワーに数滴落とせば、素敵な香りの
    アクセントに。玄関に飾れば、天然ハーブの香りが
    お客様をやさしく迎えてくれます。

  • 芳香器を使用して

    香りは熱を加えることでより強く香ります。市販されている
    アロマライトやアロマバーナーなどの専用芳香器を
    使用すれば、部屋中に快い香りが広がります。
    芳香器の上皿に水かお湯をはり、お好みの香りを
    2〜5落とします。寝室やオフィスなど様々なシーンで
    使ってみましょう。

  • 吸入

    鼻が詰まってつらいときなどに、洗面器にお湯を入れ、
    エッセンシャルオイルを2~5滴落として目を閉じ、
    静かに鼻から吸入し口から息を出します。
    蒸気を逃がさないように、頭からタオルをかぶると
    効果的です。のどが痛むときやせきが出るときには、
    口から吸入し、鼻から息を出す方法がおすすめです。


入浴法

ブレンドレシピ

香りを鼻から吸入するとともに、肌からも浸透させることができるのがアロマバスです。
一日の疲れを癒してくれるバスタイムに天然の香りを加えると、リラクゼーション効果がさらに高まります。

  • 全身浴

    バスタブに1~6滴落としてよくかきまぜてから入浴します。入浴の方法も朝と夜では変えてみるとよいでしょう。
    朝は少し熱めのお湯にリフレッシュ系の香りを選び、夜はリラックス系の香りでぬるめのお湯にゆっくり入りましょう。

  • 手 浴

    洗面器にやや熱めのお湯をはり、2~3滴落とし、よくかきまぜてから10~15分くらい、両手をひたします。
    お湯の中で指先のマッサージをすると効果的。気分をリフレッシュしたいとき、手や肩の疲れを感じるときにもおすすめです。

  • 足 浴

    洗面器にやや熱めのお湯をはり、2~3滴落としよくかきまぜます。10~15分くらい、くるぶしの上までつけます。
    足の疲れやむくみ、冷えなどにおすすめです。

マッサージ

ブレンドレシピ

アロマテラピーのもたらす心地よさや効果を最大限に実感できるのがアロママッサージです。血液やリンパ液の循環を活発にするだけでなく、エッセンシャルオイルの有効成分が鼻からだけでなく直接皮膚からも吸収され、新陳代謝を促します。

マッサージを行う上での注意

ご自分でマッサージオイルを作る場合は、エッセンシャルオイルを天然の植物性オイル(キャリアオイルと呼ばれる)に1%以下の濃度で希釈します。ベタツキがなく使用しやすい植物性オイルとして、ホホバオイル、グレープシードオイルやスイートアーモンドオイルなどがあります。

例:植物性オイル50mlに対して10滴で1%の濃度です。(1滴は0.05ml)作ったマッサージオイルは遮光ビンに入れて保管し、1ヶ月ぐらいで使い切るようにしましょう。3歳以下の幼児に対しては、原則としてエッセンシャルオイルを用いたオイルマッサージを行わないようにしましょう。

マッサージのしかた

お風呂にゆっくり入って、一日の疲れや緊張をときほぐし、からだがよく温まった後に行うのが一番効果的です。静かな音楽をかけながら、照明をやや落としてリラックスした雰囲気で行うと良いでしょう。マッサージのパートナーがいればより効果的ですが、ここではひとりで簡単にできるマッサージを中心にご紹介します。手のひらにオイルをたっぷりとって、ゆっくりとした動きで行いましょう。

  • 顔の中心から小さな円を描くように
    マッサージします。

  • 首・デコルテ・肩

    首からデコルテ、肩先にかけて、リンパを意識しながら、
    やさしくなでおろします。

  • 首(背面)

    凝りやすい首すじは、指のはらをすべらせ、
    適度に圧力をかけながらオイルを
    なじませてください。

  • ふともも(ヒップにかけて)

    ふとももからヒップにかけて
    下から上へ持ち上げるように
    やさしくマッサージします。

  • 背 中

    パートナーと行います。
    腰から肩甲骨に向けて手のひらをすべらせ、
    肩から腕、そして指先に図のように
    マッサージします。
    さらに指先を使って背骨の両側の筋肉を
    小さい円を描くようにソフトに
    マッサージしてください。

  • 足首からももに向かって、
    引き上げるようにマッサージします。
    さらに筋肉をもみほぐすように
    マッサージしてください。


フレグランス

ブレンドレシピ

いろいろな香水やルームフレグランスが市販で売られていますが、エッセンシャルオイルを使用すればオリジナルのフレグランスが作れます。
いつも自分の好きなハーブの香りに包まれたい、そんな方にぜひおすすめします。

  • 香 油

    場所を選ばず、最も手軽な方法。エッセンシャルオイルを直接1~2滴落とすだけ。
    仕事や勉強の合間の気分転換やおやすみ前の枕元に。

  • ルームフレグランス

    お好きな香りを選んで自分だけのオリジナルのルームフレグランス(エアフレッシュナー)を作りましょう。
    携帯用スプレーで持ち運びすれば、いつでもどこでもシュッとひと吹きするだけで快い香りが広がります。
    またデオドラント効果のあるエッセンシャルオイルを使用すれば、トイレや玄関先にも最適です。
    30ml程入るスプレー用遮光ビンに3mlの無水エタノールと4~5滴のエッセンシャルオイルを加えてよくかき混ぜます。
    次に27mlの精製水を加えて、よく振ってからスプレーします。

  • アロマテラピーとは
  • アロマテラピーの楽しみ方
  • エッセンシャルオイルとは
  • エッセンシャルオイルの分類
  • エッセンシャルオイルのブレンドレシピ
  • エッセンシャルオイルリスト

ページTOPへ